テープ起こしACN記事一覧

Contents

テープ起こしACN記事一覧

    テープ起こし料金について

    初めてテープ起こしの会社をご利用される場合まず気になるのが料金ではないでしょうか?ACNではテープの起こし方によって様々な料金プランをご用意しています。

    格安なテープ起こし

    テープ起こしの業者は沢山ありますが中でも格安で提供している業者も見かけます。そういった安さを重視した業者には落とし穴がつき物ですので、業者を選ぶ上でのポイントをご説明します。

    音声データの反訳承ります

    ご依頼の際に用意する音声データは録音状態によってお客様に納品するときの制度に差が出来ます。録音機材や録音環境によって音声データの音質も大きく変わってきますので注意しましょう。

    テープ起こしの作業は簡単?

    テープ起こしはただの入力業務ではありません。音声を正しく聞き取る能力や専門用語などの知識や理解、語彙力が必要です。また、音質の悪いデータからのテープ起こしは作業がとても難しくなりますのでプロの力が必要な場合があるのです。

    反訳作業の代行承ります

    反訳会社は安さだけで選ぶのはとても危険です。あまりの品質にせっかく依頼しても時間とお金が無駄になってしまう場合もあります。反訳会社は質問を問い合わせたり、無料トライアルなどを活用して慎重に選びましょう。

    英語のテープ起こしもお任せ下さい!

    昨今需要が高まる英語のテープ起こしですが、弊社では英語ネイティブが作業を担当しますので、日本人では聞き間違えてしまうようなネイティブな発音もしっかり書き起こします。専門性の高い内容でも割増料金は頂いてませんので英語のテープ起こしのご依頼もお待ちしております。

    東京のテープ起こし会社

    テープ起こしの依頼から納品まではネット上で完結しますので会社がどこにあろうとお客様が困ることはありません。会社の雰囲気や資料のクオリティを直接知ることが難しいので、お試しを利用したり、問い合わせの対応などで判断していくのが良いでしょう。

    気になるテープ起こし業者の評判

    初めてテープ起こしの業者を探す際、ネットなどの情報だけで決めるのは不安だと思います。特にやむをえず音質の悪いデータで依頼しなければならない場合、業者によって仕上がりの品質にはかなりの差が出てきます。失敗しないためにも依頼前に業者に相談することが大切です。

    テープ起こしはオンライン見積もりでスピーディーに

    テープ起こしのお見積もり依頼はネット上から簡単に出来るようになって入るところが多く、お見積もり依頼一つとってもレスポンスの速さや対応方法などは企業によって差があります。業者選びには料金以外の性質も見極めるように心がけましょう。

    テープ起こし?音声データはどう送る?

    音声データは画像やテキストファイルと違いデータ量が非常に大きくなりがちです。メールでの添付出来ない場合もある為、オンラインストレージをご利用いただくのがお勧めです。

    裁判用の反訳は素起こしが最適

    裁判の重要な証拠として提出する録音音声は文字に起こした資料の提出を求められることが多く、間違いが無いよう慎重な作業が必要になります。そのため料金が割り増しになる業者もあります。しかしACNでは裁判用のテープ起こしでも割増料金は発生しませんのでご安心くださいませ。

    英語の反訳からの翻訳

    英語のテープ起こしも行っている弊社は、英語の音声データのテープ起こしのご依頼と同時に翻訳をご希望されるお客様も少なくありません。弊社の場合、文字を起こした原稿から翻訳のお見積もりを致しますのでお見積もりは別々になります。

    逐語反訳とは

    逐語反訳とは話している言葉を一語一句書き起こす方法です。これが意外と大変な作業になるのですが音質がよければプロの手にかかれば完璧に文字を起こします。

    会議の反訳承ります

    文字起こしはいざやってみると、とても手間がかかる事だということがわかります。特に会議など参加者が多ければ多いほど聞き取りやすさや、話し手の特定も難しくなります。定期的に反訳が必要な場合はプロの業者に依頼したほうが効率もよくコストの節約にもなります。

    テープ起こし 整文と要約について

    インタビューやご講演等の内容を冊子化する際にご利用されることが多いのが整文です。お客様から指定の文字数や表記の方法をご指定いただいて文字を起こす方法をサマリーといいますが、こちらは指定がある分、作業の難易度はベテランが担当しなければならない位上がります。

    お急ぎのテープ起こし

    テープ起こしのスピードと精度を上げるために一番重要なのは録音のコンディションです。録音のコンディションがよければお急ぎでなくてもすぐに仕上げられますが、逆にコンディションが悪いとお急ぎのご注文をいただいても早く仕上げることは難しくなってしまいます。

    テープ起こし、ベストな音声の録音法

    テープ起こしで原稿の仕上がりに一番影響するのはなんでしょうか?作業スタッフのスキルの高さももちろん重要ですが、それ以上に大切なのは録音品質がどれだけいいかということです。

    テープ起こし、インタビュー編

    テープ起こし、反訳でご依頼が多い分野というのがあります。インタビューの案件は、テープ起こしのご依頼の中でもポピュラーな分野に入ります。

    テープ起こしの秘密保持

    ACNでは情報漏えい等の事故が起きぬよう、お客さまの情報やお預かりしたデータの取り扱いは関係法令を尊守し、細心の注意払い適切に管理しています。

    動画のテープ起こし

    動画ファイルからもテープ起こし作業を承ることができます。一般的な内容であっても、その業界関係者じゃないとわからないような用語が使われている場合も映像情報は有効です。

    テープ起こしのオプションサービス

    標準仕様のサービスに加えて、お客さまよりご要望があった場合、納品原稿にそのサービスを付加いたします。例えば、原稿にタイムコード、タイムスタンプを入れるのもオプションサービスに該当します。

    テープ起こし、即日納品は可能?

    ACNでは、まずお客さまのご希望納期を伺い、ご希望の日にちに間に合うよう、作業スタッフのスケジュール調整をして作業を行い納品をいたします。ACNでは録音状態が普通以上で60分以内の案件であれば、お急ぎのご対応で翌日納品可能です。

    テープ起こしと記者ハンドブック

    テープ起こし原稿を作成にあたり、多くのテープ起こし会社は、原稿の表記に関するルールを決めています。ルールを決めないと、テープ起こしの作業をする人間によって、表記がバラバラになってしまい、品質が一定にならず、お客さまにご迷惑をおかけしてしまうからです。

    文字数指定のテープ起こし

    「とにかく要点だけを押さえたい!」という場合には要約(サマリー)コースがおすすめです。ルールを決めないと、テープ起こしの作業をする人間によって、お客さまのご指定された文字数で原稿の内容をおまとめいたします。

    ボイスレコーダーのテープ起こし

    テープ起こしをご発注され、お客さまより音声データをお送りいただく場合、多くのお客さまは音声ファイル形式のデータを
    オンラインストレージ経由でお送り下さいます。

    テープ起こしと専門用語

    テープ起こしの仕事をしていると、お客さまからいろんなジャンルのテープ起こしのご依頼を受けます。誰が聞いても理解できるような簡単な内容の録音もあれば、難しい専門用語がたくさん出てくる内容のものまで、多種多様です。

    テープ起こしの参考資料、情報について

    ACNでは、お客さまからテープ起こし、反訳の作業をお受けする時に必ず確認している項目があります。それは、作業を行うデータに関する情報や参考資料の有無です。資料が有るのと無いのでは、作業を行う上で効率がだいぶ違ってきます。

    テープ起こしのフィラーについて

    フィラーとは「あのー」や「えー」「そのー」など、話すときに言葉と言葉を埋める意味のない言葉のことです。ほとんどの方が、多かれ少なかれフィラーがあります。

    テープ起こしをサマリーする

    テープ起こしはいくつか起こし方があります。受注件数が多い起こし方は「ケバ取り」コースです。逆に一番ご依頼が少ない起こし方は何かご存じですか?

    テープ起こしの書式設定

    ACNでは、テープ起こしを行った原稿は原則としてワードファイルでお作りして納品いたします。ワードファイルの書式設定は、デフォルト状態になります。

    テープ起こしは分割の納品も可能です

    ご依頼されるデータ量が多く、起こした原稿を少しでも早くご確認したい。その場合は、随時納品といって、作業が完了したファイルから、その都度納品することも可能です。

    テープ起こしの話者さまの表記について

    テープ起こしを初めてご利用される方にとって、原稿はいったいどんな感じで仕上がってくるのかというのは気になる点だと思います。インタビューや対談の場合は、基本的に1対1なので、テープ起こし作業を行う者にとって、話者さまの判別は容易にできます。

    テープ起こし まずはお見積りから

    テープ起こしを業者に初めて文字起こしを依頼する場合、まず、何から始めたらいいでしょうか?ACNではお電話でも、サイトのお見積りフォームからでもお見積りをスピーディーご案内いたします。

    テープ起こし データはお持ちいただいても結構です

    お客さまからテープ起こしのお仕事をご依頼いただく場合、当然ですが映像や音声のデータをお預かりする必要があります。ほとんどのお客さまは、データをオンラインストレージをご利用されてインターネット経由で送られます。

    テープ起こし 話しているのは誰?

    お話しをされる方の人数という視点から見ますと、ご講演のように、お話しをされるのが単独なのか、会議のように複数なのかというふうに分類することができます。文字起こしの作業を行うにあたり、どちらが作業しやすいでしょうか?

    反訳を格安に利用したい

    依然デフレ状態が続く日本経済。反訳も同じ品質なら、高いより、安い方がいいに決まっています。




シェアする

フォローする